なぜ、家づくりで夫婦喧嘩が勃発するの?

更新日:5月28日

以下のAさんとBさん、どちらが理想の家を手に入れることができるでしょうか?


Aさんの考え

「家が欲しいなー、素敵な家がいいな♪かっこいい家がいいな~」


Bさんの考え

  1. 寒がりなんであったかい家がいい。最低でも断熱性能が基準をUa値〇〇以下にしたい。

  2. ごちゃごちゃしている家が落ち着かないから、収納スペースは××m2 以上

  3. 旦那が夜遅く帰ってきて、すぐに着替えられるようにクロークは1階に設置

  4. 家族が触れ合える空間を大切にしたいけど適度なプライベートも確保したいので、リビングに面した中二階のスペースが欲しい。

  5. 休みの日にBBQをしたいのでウッドデッキが欲しい。

  6. 友人を呼んでお茶会をしたい。素敵と言われたいので、、リビングにはお金をかけたい。


Aさん・Bさんどちらが理想の家を手に入れることができるでしょうか?


Aさんに比べてBさんは自身の願望をかなり「言語化」できていますね♪そして、予算を考えて優先順位をつけていれば尚良いでしょう!!


---------------------------------------------


 当然、建てて見て初めて分かること、気づくことは多いかと思います。

 ただ、もう一つ気を付けなければならないのは、夫婦間で価値観・優先順位が違う事です。


 家づくりの場面で意見の違いにより衝突するご夫婦をたくさん見てきました💦

 

 ついついお互いの正しさを押し付けてしまいがちですが、人は違って当たり前、違いは違いであって間違いではありません。

 お互いの要望を叶えるのに最適な方法はないのか??という事を事前に話し合えれば、よりお互いの納得感がある家づくりにたどり着けるのではないでしょうか?


 我々アドバイザーとしては、家づくりによって夫婦仲が悪くなる!ではなく、よりお互いの価値観がわかり、夫婦の絆が強くなる家づくりを推奨しております!!


 例えば、外山家では私は「力の欲求」が強いので「かっこいいと思われる家がいい!!自慢できる家が良い」という価値観が強いのに対して、家内は全く違い「生存の欲求」が強く、家事導線・収納のしやすさなど、、普段の生活をいかに快適に過ごすのか?に対する優先順位が高いです。我が家ではお互いの主張が時にはぶつかり合い、、度々険悪なムードになっておりました(笑)


 では、価値観の違う夫婦がどうすればお互いが納得のいく着地点が見つけられるのでしょうか・・・?


 次号では、幸せの心理学「選択理論心理学」を通じて、お互いの価値観の違いを詳しく見ていきましょう(家づくりだけではなく、人生でこれを知っておくとかなり有利です♪)