資産運用は住宅を購入前に始めましょう!

更新日:2021年6月16日

「もっと早くから(若い時から)知っておけばよかった~」


 19年間2600組を超えるお客様とお金についての面談する中で、よくいただくフレーズの中でこんな文言があります「もっと早くから(若い時から)知っておけばよかった~」。


 世の中には早くから知っていればその分人生が得になることがあります。そのうちの一つが、資産運用に対しての知識です。このように言うと・・・「難しそう」「リスクがあるんじゃないの?」「失敗したらどうしよう・・・」そうです。我々日本人には資産運用=危ないと捉えられがちです(-_-;💦)しかし、その状況も最近変化してきました。。。。


 私が当初マネーセミナーを始めた時よりも、皆様の関心度が日に日に高まっているのを感じます。

「お金を増やしたい!」

「とりあえず初めて見たけど合っているのか?」

「NISA/Idecoは気になるけど、、、どっちが良いのか??」


 多くの方が弊社のセミナーにお越しいただき、今までに取り組んでいなかった資産形成・資産運用に取り組み始めていただいております。これは本当にあるべき姿ですし、我々もこのような啓蒙活動の一翼を担えてる事は喜ばしいことだと感じてます♪


 ただ、残念なことにお越しになられた方で・・・

「住宅購入時に頭金500万円入れて」「住宅ローンの負担が大きくて、積立投資に回せるのは・・月々5千円くらいです」


 例えば・・・500万円を頭金に入れたらどうなるでしょうか?


(1)頭金入れない場合

 例3000万円の借り入れの場合、総返済額は3556万円


(2)一方頭金を入れた場合、

2500万円の借り入れの場合、総返済額は2964万円

(35年返済 ボーナス返済無 元利均等返済 金利1%(固定))

 総返済額3464万円

 頭金を500万円入れることによって、利息が92万円軽減できました。

しかし、その一方で500万円の頭金を入れずに年利3%で運用できたらどうなったでしょうか?


(3)頭金を運用した場合

10年後 672万円(172万円増加)

20年後 903万円(403万円増加)

30年後 1213万円(713万円増加)


 あくまでも事例です。しかし、このような3つの選択肢が与えられたとき、皆さんならどれを選びますか??一般的には(2)を選択される方が多いかと思います。しかしながら、、、(3)がもし実現できるとすると…いかがでしょう?(こう書くと怪しいですね (笑))

大切なのは、家を購入する前に選択肢を知っておくことです!